ホーム > 合格発表


長い間「いのけん」ご支援ありがとうございました

井の頭公園検定実行委員会

4団体と識者で実行委員会

 2018年1月28日に第6回井の頭公園検定の1級試験が終わり、これでひとまず井の頭公園検定(以後「いのけん」)が終了いたしました。「いのけん」は2011年7月にNPO法人みたか都市観光協会の理事会で提案され、武蔵野市観光推進機構(現・一般社団法人武蔵野市観光機構)に呼びかけ共同事業としてスタートしました。その後、管理する東京都西部公園緑地事務所と東京都井の頭自然文化園に呼びかけたところ快諾していただき、この4団体が主催構成団体となりました。そして学識経験者である田中利秋氏(井の頭かんさつ会代表)と安田知代氏(「井の頭公園まるごとガイドブック」著者)のご賛同をいただき、4団体と識者2人を入れての実行委員会が誕生しました。

 

公園の様々な魅力の再発見が目的

 「いのけん」は、2012年の井の頭自然文化園開園70周年と2017年の井の頭恩賜公園開園100周年の周年記念を合わせた事業として、広く市内外の方々に、井の頭公園の様々な魅力を再発見していただくことを目的としました。検定事業の期間は、井の頭自然文化園開園の70周年にあたる2012年度に第1回を開催し、井の頭恩賜公園開園100周年にあたる2017年度の第6回まで実施することを決めました。その間、延べ1023人の方が試験に挑戦いただきました。改めてお礼を申し上げます。

 

狭き門となった1級検定

 試験は先ず3・2級の統一問題(4択マークシート方式100問1問1点)を解答していただき、60点以上が3級、80点以上が2級と認定されます。1級試験は2級の方のみが受験資格を持ち、1級認定と呼ばれるにふさわしい難解な問題(ほとんど記述式問題50問1問2点)を解いていただくことにしました。今まで185人受験して26人しか合格していない狭き門となりました。

 

1級合格者による「チームあか井の」誕生

 その「いのけん」1級合格者が、学んだ知識を活かそうと、「チームあか井の」というグループをつくり、公園の魅力を伝えるガイドやイベントに積極的に参加をしています。「いのけん」から駅伝のたすきを受け取るように公園の魅力を伝えるグループが誕生したことは、開催当初からの私たち主催者の願いでもありました。今後の活動に注目していただき、幅広いご支援ご協力をお願いいたします。

 

ひとまず終了します ありがとうございました

 ということで、「いのけん」はこれでひとまず終了いたします。井の頭公園の様々なことを学んで受験された皆さま、意義のあることだと協賛していただいた皆さま、見えないところで様々に支えていただいた皆さま、長い間本当にありがとうございました。また、いつか「いのけん」が復活することを楽しみにしましょう。ありがとうございました。

 

2018年(平成30年)2月15日
井の頭公園検定 実行委員長 川井 信良

 

↓コチラよりPDFをダウンロードの上ご確認ください。

第6回井の頭公園検定 1級合格者.pdf
PDFファイル 46.9 KB

↓コチラよりPDFをダウンロードの上ご確認ください。

第6回井の頭公園検定 合格者(番号).pdf
PDFファイル 51.1 KB

第6回井の頭公園検定結果.pdf
PDFファイル 103.3 KB