ホーム > 合格発表


このたびは、第4回井の頭公園検定にご参加いただきまして、ありがとうございました。試験当日は、三鷹市(32級試験)、武蔵野市(1級試験)両会場合わせて110人の皆様に受験していただきました。

 

今年度も、昨年度の1級合格者の方にも参加していただき、地元の市民の皆様や関係団体のスタッフが1年間かけて、実施方法の検討や問題作りを行い実施したものです。

 

当検定は、2017年の開園100周年の年まで実施する予定です。今後も当検定を通して、公園の深い魅力を多くの方に知っていただけるよう取り組んでまいります。

 

皆様におかれましても、一人でも多くの方々に当検定の魅力をお伝えいただき、「いのけん」の輪を広げていただきますようお願いを申し上げます。

 

井の頭公園検定実行委員会 実行委員長 川井 信良

『いのけん』の成り立ち

 第4回井の頭公園検定に受検された皆さま、お疲れさまでした。

 井の頭公園検定が最初に提案されたのは、2011729日です。NPO法人みたか都市観光協会の理事会の中で井の頭公園検定の企画提案が初めて出されました。その提案要旨には、20125月の井の頭自然文化園の開園70周年と20175月の開園100周年の5年間に、井の頭公園の魅力の再発見と、より良い環境を守っていくことを目的とした検定を実施したいとありました。さらに、一般社団法人武蔵野市観光機構と協働での開催が望ましいという提案も含まれていました。武蔵野市側も大賛成で、同年1013日に正式に合意し、共に『いのけん』開催に向けて歩み始めたのであります。そして、公園の管理者の東京都西部公園緑地事務所と東京都井の頭自然文化園から、検定実施への快諾と実行委員会への参加等、最大限の協力の約束していただきました。そういう経緯を経て上記4団体と学識経験者による実行委員会が出来たのであります。また、4年目となる今回も、三鷹市、武蔵野市、井の頭恩賜公園100年実行委員会、三鷹商工会、武蔵野商工会議所、株式会社まちづくり三鷹の諸団体様からご後援をいただくとともに、東京三鷹ロータリークラブ、東京三鷹ライオンズクラブ、東京井の頭ロータリークラブ、東京武蔵野ライオンズクラブ、東京武蔵野ロータリークラブ、株式会社文伸、トーホーベーカリー、武蔵野市観光ボランティアガイドの会、デイリーズ、小古道具店四歩、キチジョウジギャラリー、SMALL WOOD TOKYO、絹福総本舗、LEMON DROP、株式会社ジェイコム武蔵野三鷹、多摩信用金庫の皆様からはご協賛、ご協力をいただきました。おかげさまをもちまして、今年の検定を無事実施することができました。この場をお借りしてお礼を申しあげます。

 

 

第4回試験結果について

試験問題は、例年通り、問題の領域を大きく4つに分けています。「井の頭恩賜公園の歴史と文化」、「井の頭恩賜公園の自然と環境」、「井の頭自然文化園」、「井の頭恩賜公園の周辺と関連」の4つです。32級は昨年度と同じマークシート方式、1級は記号選択も含めてすべて記述式としました。

 

 

 

【3・2級】

今年度は、井の頭公園公式問題解説集が改訂となり、出題範囲も広がり、正解が少なかった設問もいくつかありましたが、合格率を見てもわかるように、非常によく勉強をされているということがわかりました。

 

2級に42名、3級に45名の方が合格し、91.6%という高い合格率となりました。

 

 

 

【1級】

基本は公式テキストの内容を中心として、周辺資料や時事問題なども入れ込んだ難問が並びました。また、漢字での解答を求めたり、正式名称を一字も間違えず解答することを求めたりと、わかっていても不正解となるケースも見受けられ、多くの方が解答に苦慮されたようです。今年度は非常によく勉強されており、合格ライン80点、想定合格率30%を上回り、合格率40%、合格者6名という結果でした。

 

来年の第5回検定では、3級の方は2級に、2級の方は1級の検定に是非挑戦していただきたいと願っています。実行委員会でも今後、より楽しく魅力的な検定の仕組みや勉強のやり甲斐のある問題作りに取り組んでまいります。

 

 この「いのけん」という挑戦を経て、井の頭公園を知り語れるエキスパートが増えることで、公園を中心とした人々の交流が生まれ、この地を愛し続ける人々の輪が広がっていくことをこころより願っております。皆さまのご支援、ご協力をお願い申し上げます。

 

 

 


↓コチラよりPDFをダウンロードの上ご確認ください。

第4回井の頭公園検定 合格者一覧.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 10.8 KB


第4回 井の頭公園検定結果.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 30.8 KB

【1級問題正解率が低かった問題】

問31 かつての孔雀園、現在の大放飼場(武蔵野ハビタット)では、これまでさまざまな生き物が飼育されてきました。現在の4種は、ヤクシカ、クロヅル、ツシマジドリ、【    】です。
⇒標準和名をカタカナで

答え ニホンコウノトリ    正解率27%

問32 2015(平成27)年2月1日に行ったアジアゾウ「はな子」68歳の誕生日会で用意した特製ケーキの素材で、使わなかったものは次のうちどれですか?
   A あんパン  B あんまん  C イチゴ  D 食パン

 

答え A    正解率27%

問39 「いきもの広場」では、毎週日曜日に、だれでも自由に参加できる身近ないきものを探すイベント「いきもの広場で【    】」を実施しています。

 

答え あそぼう、遊ぼう  正解率20%

問43 こもれび売店で販売しているオリジナルギフト商品で、トートバッグ
やバンダナなど、季節ごとにデザインを変えているシリーズを「文化園【    】」と呼んでいます。
⇒ひらがなで

答え づくし  正解率20%

【2・3級問題正解率が低かった問題】

問15 井之頭公会堂の近くにある「黒門」の脇にある道標には、何が刻まれていますか?

(1)劇場名や俳優の名 
(2)乾物屋の屋号
(3)染物に関わる職人・商人の名 
(4)お風呂屋の団体名

答え (1)  正解率28%

問28 写真は2015(平成27)年、井の頭池で子育てをした水鳥のひとつです。この鳥の種名は次のどれですか?

(1)ホシハジロ  
(2)バン  
(3)オオバン  
(4)カイツブリ

 

答え (2)  正解率20%

問48 かいぼり25直後の2014(平成26)年には井の頭池にいろいろな種類の水生植物が芽生えましたが、西部公園緑地事務所の2015(平成27)年9月までの調査によると、沈水植物で2015(平成27)年も再び生えたのは1種のみでした。それは次のどれですか?

(1)イトモ  
(2)ヒロハノエビモ  
(3)ミクリ  
(4)イノカシラフラスコモ

 

答え (1)  正解率12%