ホーム > 合格発表


このたびは、第5回井の頭公園検定にご参加いただきまして、ありがとうございました。試験当日は、三鷹市(32級試験)、武蔵野市(1級試験)両会場合わせて103人の皆様に受験していただきました。

 

今回も、地元の市民の皆様や関係団体のスタッフと1級合格者のグループである「あか井の」チームに協力していただき、1年間かけて、実施方法の検討や問題作りを行い開催したものです。

 

当検定は、2017年の開園100周年の年まで実施する予定です。今後も当検定を通して、公園の深い魅力を多くの方に知っていただけるよう取り組んでまいります。

 

皆様におかれましても、一人でも多くの方々に当検定の魅力をお伝えいただき、「いのけん」の輪を広げていただきますようお願いを申し上げます。

 

井の頭公園検定実行委員会 実行委員長 川井 信良

『いのけん』の成り立ち

 第5回井の頭公園検定に受検された皆さま、お疲れさまでした。

 井の頭公園検定が最初に提案されたのは、2011729日です。NPO法人みたか都市観光協会の理事会の中で井の頭公園検定の企画提案が初めて出されました。その提案要旨には、20125月の井の頭自然文化園の開園70周年と20175月の井の頭恩賜公園開園100周年の5年間に、井の頭公園の魅力の再発見と、より良い環境を守っていくことを目的とした検定を実施したいとありました。さらに、一般社団法人武蔵野市観光機構と協働での開催が望ましいという提案も含まれていました。武蔵野市側も大賛成で、同年1013日に正式に合意し、共に『いのけん』開催に向けて歩み始めました。そして、公園の管理者の東京都西部公園緑地事務所と東京都井の頭自然文化園から、検定実施への快諾と実行委員会への参加等、最大限の協力を約束していただきました。そういう経緯を経て上記4団体と学識経験者による実行委員会が出来ました。また、5年目となる今回も、三鷹市、武蔵野市、井の頭恩賜公園100年実行委員会、三鷹商工会、武蔵野商工会議所、株式会社まちづくり三鷹の諸団体様からご後援をいただくとともに、東京三鷹ロータリークラブ、東京三鷹ライオンズクラブ、東京井の頭ロータリークラブ、東京武蔵野ライオンズクラブ、東京武蔵野ロータリークラブ、株式会社文伸、トーホーベーカリー、武蔵野市観光ボランティアガイドの会、デイリーズ、小古道具店四歩、キチジョウジギャラリー、

 

LEMON DROP、むさしのプレミアム、TAKA-1(みたかセレクトONE)NPO法人むさしのみたか市民テレビ局の皆様からはご協賛、ご協力をいただきました。おかげさまをもちまして、今年の検定を無事実施することができました。この場をお借りしてお礼を申しあげます。

 

第5回試験結果について

試験問題は、例年通り、問題の領域を大きく4つに分けています。「井の頭恩賜公園の歴史と文化」、「井の頭恩賜公園の自然と環境」、「井の頭自然文化園」、「井の頭恩賜公園の周辺と関連」の4つです。32級は昨年度と同じマークシート方式、1級は記号選択も含めてすべて記述式としました。

 

【3・2級】

 今年度は、昨年度から井の頭公園公式問題解説集が改訂となった関係に伴い、出題範囲も広がり、正解が少なかった設問もいくつかありましたが、合格率を見てもわかるように、非常によく勉強をされているということがわかりました。

 

2級に35名、3級に45名の方が合格し、93.8%という高い合格率となりました。

 

【1級】

 基本は公式テキストの内容を中心として、周辺資料や時事問題なども入れ込んだ難問が並びました。また、漢字での解答を求めたり、正式名称を一字も間違えず解答することを求めたりと、わかっていても不正解となるケースも見受けられ、多くの方が解答に苦慮されたようです。合格ライン80点、想定合格率30%を下回り、合格率21.2%、合格者4名という結果でした。

 

 来年の第6回検定では、3級の方は2級に、2級の方は1級の検定に是非挑戦していただきたいと願っています。実行委員会でも今後、より楽しく魅力的な検定の仕組みや勉強のやり甲斐のある問題作りに取り組んでまいります。

 

 この「いのけん」という挑戦を経て、井の頭公園を知り語れるエキスパートが増えることで、公園を中心とした人々の交流が生まれ、この地を愛し続ける人々の輪が広がっていくことをこころより願っております。皆さまのご支援、ご協力をお願い申し上げます。

 

 


↓コチラよりPDFをダウンロードの上ご確認ください。

第 5 回井の頭公園検定 合格者(番号).pdf
PDFファイル 61.2 KB


第5回 井の頭公園検定結果.pdf
PDFファイル 50.2 KB

【1級問題正解率が低かった問題】

問 27 井の頭公園開園 100 周年をお祝いする「井の頭 100 祭」でおなじみのキャラクター「ひゃくさいくん」は 2007(平成 29)年の 100 周年記念事業のキャラクターとして活躍することになりました。
「ひゃくさいくん」には仲間がいます。ひゃくさいくんの妹で世話焼き屋さんは【  ①  】、いつもお兄ちゃんが心配です。毎年 10 月の井の頭 100 祭では野外ステージの司会進行を担当している【  ②  】は、歌が上手な井の頭 100 祭のアイドルです。

答え ①ひゃっこちゃん ②赤りんごちゃん    正解率 8%

問 47 井の頭自然文化園オリジナルギフト商品のシリーズに「文化園づくし」がありましたが、リニューアルをし、現在は「文化園【    】」になりました。 ひらがな 3 文字で

 

答え びより    正解率5%

問 48 井の頭公園内で最初に茶店が開いたのは、【  ①  】年で、すぐに 10 軒ほどに増えたそうです。メニューは池の水で炊いたご飯や味噌汁とおしんこの朝食セットやみつ豆やくずもちなど、秋には
【  ②  】なども人気でした。

 

答え ①昭和 2 年 ②ゆで栗  正解率27%

【2・3級問題正解率が低かった問題】

問 48 かいぼり後に芽生え、今年(2016(平成 28)年)はボートが漕ぎにくくなるほどボート池に繁茂した絶滅危惧Ⅱ類の水草は、次のどれですか?

(1)    ヒロハノエビモ
(2)    ツツイトモ
(3)    イノカシラフラスコモ
(4)    ガシャモク

答え (2)  正解率24%

問 52 井の頭自然文化園を除いた井の頭恩賜公園内の高木で、2011(平成 23)年 3 月現在、最も本数の多い樹種はどれでしょうか?

(1)    サクラ
(2)    サワラ
(3)    ヒノキ
(4)    ケヤキ

 

答え (2)  正解率27%

問 74 仮設オオコウモリ舎にいるオリイオオコウモリは日本のどこに生息しているでしょうか?

(1)    小笠原諸島
(2)    石垣島
(3)    奄美大島
(4)    沖縄本島

 

答え (4)  正解率13%


  1月20日(金)までに合否通知が届かない方は1月25日(水)の間に受付事務所(0422-24-9797)にご連絡をお願いいたします。